新しい年と検索順位

こんにちは、リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

1月も5日となると、正月だか正月ではないんだか、微妙にグレーな時期になってきました。一応、公式には7日までは正月でしたっけ?とはいえ、なんとなくもう正月気分は終わり的な感じです。なんとなくドキドキしながら「おめでとうございます」などと言ったりしています。

さて、お気づきの方はお気づきかと思いますが、毎回ブログの先頭にリーガルシューズの尾崎ですとか書いています。これは、友人のとあるIT業界の大御所に、「尾崎さん、ブログにも意図をもって書いてください。どういう言葉をキーとしてブログを書くかによって、グーグルの検索順位が変わります。あなたが書きたいことの中心は何ですか?」などとアドバイスを受け、まあ、やっぱりリーガルのことなんだろうなと思いはしたものの、リーガルのことだけでずっとブログを書き続けるのは困難なので、せめて最初位は不自然にならないようにリーガルというキーワードを書き込んでいるというわけです。

ちなみに、不自然にならないというのも重要で、例えばじゃあ「リーガル」をいっぱい書けばグーグルの検索順位は上がるのかというと、相手はさすがに世界トップランクの頭のいい人たちが作っているクローラー(ページ評価用のAIとでもいうのでしょうか)で、ちゃんと文脈を読んで判断しています。

例えば、「リーガル、リーガル…」とキーワードだけ100回書いても、「意味なし!0点!」とクローラーに判断されて、順位を上げるどころか下げられるとか、じゃあ、キーワードを文章に放り込めばよいのかと、「先日は〇〇を買って、〇〇の商品は大変に質が良いですな。〇〇は故障知らずで、〇〇サイコー」などと書いても、「これは宣伝!マイナス10点!」などと判断されるというのです。

AIというのは、さすがに今はもう人間の思考を完全に関知して、ちゃんと内容を読んで、このページに書かれていることは、このキーワードのことを「知りたい人に意味があるページ」だと判断したら順位を上げるし、そうでなく、単なる宣伝や無意味な内容のページだったら、それなりの扱いをするということになっているようです。

だから、私がリーガルのことを毎回ちゃんと書いていたら、「このブログは大変よろしいので、「リーガル」での検索順位を上げてやろう」とAI様に判断されるということですが、なかなか難しいですな。というわけで、せめて最初の1行くらいはリーガルと入れているということです。

そう思っていたら、昨日、あるお客様に「いつもブログを読んでいる」と言っていただいて、大変舞い上がりました。「そうだよ!AIよりも人なんだよ!読んでくれる人が面白いと言ってくれているんだよ!」などとちょっとAIに媚びようとしていた自分を戒めるような感じになっていました。とはいえ、今後もグーグル様には媚びると思いますが。

おかげさまで、「リーガル」と検索をしても、「リーガルシューズ」と検索をしても、当店は1ページ目に検索結果が出てきているようで、全力でグーグルに媚びている甲斐があるというものです。(こんなことを書いてしまって、グーグルクローラーに減点評価されないかな)

これからも、もっともっとお客様の為になるようなリーガル情報を満載して、検索順位を維持していきたいものだとかねがね思っております。というわけで、これからも読んでくださいませ。